本文へスキップ

 次代を担う大切な子ども達のために

会 員 紹 介PROFILE

 「日本を愛する栃木県民の会」は、
 史実に基づいた正しい日本の歴史を次の世代に引き継ぐことを目指しています。


 「日本を愛する栃木県民の会」について            創立会長挨拶

 『日本人としての自覚』        小沼 隆(元大田原市教育長)

        
 「ひと」は教育によって「人間」になる。

 日本語を習得する事によって日本人になる。

 ひとは生まれて家族の中でなどで自然に言葉を覚え成長するが、正しいきちんとした

 国語教育を受ける事で日本人になる事が出来る。



 さらに本当の日本人になる為には、数万年前からこの日本列島に住み、営々と文化、

 文明を築いてきた先人の血を私たちが受け継いでいる事。何十代にもわたる祖先の努

 力の上に、現在の私たちが生きている事。現在、世界で最も住みたい国のトップとさ

 れている日本という国を作ってきた祖先の恩に感謝しなければならない。



 そのような日本こそが、今、自分が生活し、存在する場である事を知り、その中にあ

 る自分自身がより良い日本を作り、子孫に伝え、さらに世界に貢献していく責任を自

 覚する事、これが日本国民としての自覚である。



 この自覚は自然に作られるものではない。子供は多くは現在のみを生きており、歴史

 教育なしには自分がいかに形成されてきたかを知る由もない。これが義務教育の中で、

 正しい歴史学習を必要とするゆえんである。



 自虐史観、階級闘争史観で明日を担う子供たちが歪められてはならない。真っ当な歴

 史観で作られた教科書を与えなければ、真っ当な歴史観を持った子供を育てる事が出

 来ないのは当然の事である。

 子供自身が長い歴史の中の最後の登場人物であるという、まさに自分の履歴書である

 事を理解させ、日本の歴史に誇りを持ち、日本に生まれた事、父と母の子として生ま

 れた事に感謝する子供を育てる事が急務であると考える。  



 「日本を愛する栃木県民の会」 会 員 名


 役 職  名 前   備  考
 会 長(代表理事)  高橋 文吉 元栃木県議会議長
 副会長(理事)  千保 一夫 元大田原市長
 顧 問  螺良 昭人 栃木県議会議員
元栃木県議会議長
事 務 局 長(理事)  塚田 典功 宇都宮市議会議員
事 務 局 次 長(理事)  播摩 聡 元宇都宮青年会議所理事
 監 事  竹花 久夫 元おもちゃ団地協同組合監事
 会 員  青木 栄久 元宇都宮青年会議所理事
  〃  阿部 憓 宇都宮二荒山神社宮司
  〃  阿部 欣文 元宇都宮青年会議所副理事長
  〃  荒川 崇
  〃  荒川 智子
  〃  伊原 修 元栃木県法人会連合会青年部会
連絡協議会会長
  〃  稲 寿 栃木県護国神社宮司
  〃  枝野 修一
  〃  江部 修一
  〃  大澤 章利 宇都宮南倫理法人会会長
  〃  小沼 正則 元宇都宮北倫理法人会会長
  〃  金子 武蔵 栃木県議会議員
  〃  神長 真史
  〃  小林 一郎
  〃  小林 徹
  〃  斎藤 宏
  〃  佐伯 徹
  〃  酒井 淳 元宇都宮美術館理事長
  〃  捧 亨
  〃  佐藤 政興
  〃  杉山 文昭
  〃  鈴木 裕之
  〃  須山 裕史 元日本青年会議所副会頭
  〃  高瀬 昌明
  〃  滝口 貴史 那須烏山市議会議員
  〃  田嶋 久登志 元宇都宮北倫理法人会会長
  〃  玉木 茂 大田原商工会議所会頭
  〃  鶴見 重男
  〃  中里 淳一
  〃  中島 宏 栃木県議会議員
  〃  長谷川 武士 宇都宮市議会議員
  〃  花塚 明
  〃  平松 明夫 宇都宮市議会議員
  〃  福田 勝美
  〃  福田 治久 元宇都宮青年会議所理事長
  〃  福田 稔
  〃  穂坂 利雄
  〃  細谷 高彦
  〃  牧野 一広
  〃  松島 伸行
  〃  安野 嘉政 元宇都宮青年会議所副理事長
  〃  山口 友邦
  〃  山根 利通
  〃  渡邉 正芳
  〃  渡辺 道仁 宇都宮市議会議員
  〃  渡辺 睦